肘が痛い  40代女性

  • 2006.10.07 Saturday
  • 11:26
肘が時々痛むようになった。重いものを持つとか、スポーツしたとか思いあたるふしが無い。激痛ではないが、手を伸ばして物を取り上げ手前に持ってこようとして肘を曲げたとき鈍痛を感じる。
上腕・前腕の筋肉の張りをみてもそんなに凝ってはいない。変だな、なんだろう?と手をじーっと見ていた。
あっ!なんと手の甲が右に横ズレしている。そして手の甲の筋が張っている。

1回目  ・基幹の型で全身のバランスを診る。
     ・手の甲の横ズレを修正し筋肉を緩める。
     ・前腕の筋肉を緩める。

動かしてみると、肘の痛みが消えている。
それ以来、痛みは再発していない。
肘が痛いからといって、肘に原因があるわけではないという事ですね。
この方の肘はこてで終了です。

当院のHPへはここから

手の痺れ  30代女性

  • 2006.08.02 Wednesday
  • 00:18
交通事故でムチウチになり1ケ月以上めまい・頭痛・吐き気で通院しリハビリしていた。吐き気が収まってきた頃になって、右肩が痛くて腕が回らなくなった。総合病院で診てもらったが、レントゲンで骨に異常がないので『もう治ってます』の一点張りで無理やり治療は打ち切られてしまった。
 放置して1年後、指先に痺れと腕が動きづらい症状が出始めた。週5日接骨院に通院する生活が4ケ月も続いたが一向に良くならない。
 接骨院の先生から『リハビリしながら付き合っていくしかない』との事。今度は整形外科で診てもらった。レントゲンを撮り骨に異常がないからと、湿布で終り。
この時点で治療費は8万円を超えていた。
まだ30代で将来を心配され、わらにもすがるつもりで来院された。

1回目 ・基幹の型施術後肩甲骨と右肩周辺と大胸筋の筋肉を緩める。
    〈あれ〜しびれてない!腕が回せる・・嘘みたい〉
    ・足首が異様にねじれて足の裏が浮腫んでいるので修正
    ・太ももの付け根が接骨院で触られた時痛みあり・・・鼠頚部を緩める
    〈すぐその場で触ってみる・・・あれ?痛くない???〉
   
2回目 ・腕に痛みはないが違和感が残っている・・・・1回目と同じ施術を行う
    ・朝起きた特つま先歩きしか出来なかったのが普通に歩ける〈驚きと感激〉
   
3回目 ・腕の動きもスムーズ・痛み・しびれも全く無し。
    ・基幹の型施術後、自己療法を指導。

『もっと早く自然形体を知っていたら良かったのに・・4ケ月と8万円が無駄だった!』と悔しがられる。

いやいやそんな事は無いですよ。自然形体のすばらしさをわかって頂けたので当方としては、ありがたい4ケ月だったと思います。・・・と笑って終了しました。

この方は結局靴を買い直しになったそうです。
なぜかって?
それは、足首がねじれたままいたので靴の減り方が極端に傾いていた為、今度は気持ち悪くてはけなくなったそうです。 
今は元気にパートで仕事頑張ってるみたいです。 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

recommend

脳からストレスを消す技術
脳からストレスを消す技術 (JUGEMレビュー »)
有田 秀穂
日頃から脳ストレスが酷い人は施術の効果が出にくいと感じていた、その答えがこの本にありました。

recommend

ハンドブック チャップマン反射
ハンドブック チャップマン反射 (JUGEMレビュー »)

私のブログに度々登場する、内臓に関する反射ポイントが書かれた本です。とにかくよく当たりますよ。

recommend

いのちの輝き―フルフォード博士が語る自然治癒力
いのちの輝き―フルフォード博士が語る自然治癒力 (JUGEMレビュー »)
ロバート・C. フルフォード,ジーン ストーン
私がオステオパシーに大変興味を持つきっかけとなった本です。この本のおかげで私の施術方法が変わりました。興味のある方は是非読んでみて下さい。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM