下を見ようとすると背中が痛い   20代男性

  • 2007.07.25 Wednesday
  • 01:49
2週間位前から背中を丸めて下を見ようとすると背中が痛い。
そのうち良くなるかな?と思っていたが一向に良くならない。
だんだん下が向きづらくなるので心配して来院されました。

正面から見たとき右肩が下がっている。(右ききで下がるのはあまり無い)
左の鎖骨から左肋骨にかけてかすかに盛り上がっている。
なんか変だな?とかんじました。

いろいろお話しながら施術して検査した結果
この方は武道をやっていて2週間位前にサンドバッグを右手で思いっきり
打ち付けた時、首から下にかけてギクとなって、それから背部に痛みが
出るようになったようでした。

胸椎を検査した結果胸椎7番あたりまで大きく湾曲していました。
脊椎の湾曲と肋骨の歪みを修正して前かがみになってもらいました
上の方の痛みは無くなったが、今度はもう少し下の方に
痛みがあるとの事

筋反応法で探ったら右大転子周辺の筋肉と反応してましたので
坐骨と背部・大転子と背部と筋反応法で筋肉を緩めました。

大きく前かがみになってもらいましたが背部の痛みは無いとの事
でしたのでこれで終了しました。

当院のHPはこちら
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recommend

脳からストレスを消す技術
脳からストレスを消す技術 (JUGEMレビュー »)
有田 秀穂
日頃から脳ストレスが酷い人は施術の効果が出にくいと感じていた、その答えがこの本にありました。

recommend

ハンドブック チャップマン反射
ハンドブック チャップマン反射 (JUGEMレビュー »)

私のブログに度々登場する、内臓に関する反射ポイントが書かれた本です。とにかくよく当たりますよ。

recommend

いのちの輝き―フルフォード博士が語る自然治癒力
いのちの輝き―フルフォード博士が語る自然治癒力 (JUGEMレビュー »)
ロバート・C. フルフォード,ジーン ストーン
私がオステオパシーに大変興味を持つきっかけとなった本です。この本のおかげで私の施術方法が変わりました。興味のある方は是非読んでみて下さい。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM