正座ができない     60代女性

  • 2007.04.27 Friday
  • 13:36
2ヶ月ほど前にスポーツをしていて壁に激突して膝をぶってから、歩くのは痛くないが、床に膝をつくと激痛。
正座をしても右膝の外側がじい〜んと痛い。
左腕を大きく上げると肩甲骨の辺りに激痛がはしる。

この方はお年の割りにスポーツばりばりの方で、タスポニー・ソフトボール・ゴルフと元気はつらつで、今まであそこが痛いとかの経験がないので
今回壁に激突して以来膝の痛みが長引いて困っていた。
知人から薦められて来院されました。

左肩の痛みはゴルフの頑張りすぎで、親指の付け根が内側に入り込んでいる為手の平を大きく広げることが出来ない。

肩・腕の筋肉を内転筋と筋反応法で緩めながら手を平の筋肉もゆるめた。
3回施術した後左肩の痛みは出なくなり、手の平も広がり始めた。

右膝を内側に曲げると膝の外側に痛みが走る。おそ松君のいやみのポーズを創造してください。
これは脛骨が捩れていた為で、内旋させたら痛みは消えた。

膝を床につく事が出来ないのは物を取るときに不自由で、ついうっかり膝を着いたときに激痛で困る。
いすに座って膝を押さえても痛くないので、これはどこかに引っ張っている筋肉があるんだなと思い、筋反応法で探り足首の上部外側の筋肉と足の甲の筋肉が原因である事がわかり、緩めたら膝をついても痛みはでない。
『あれ?痛くないわ』

膝をついても痛くなくなったが、そのまま正座をすると膝の裏の奥が痛みがでる。きっちり正座してしまうと膝裏の奥に痛みは無くなるがかわりに膝横に痛みがでる。
筋反応法で探った結果、膝裏奥の痛みは足首・内果の筋肉が硬直しているのが原因でした。緩めたら痛みは出なくなりました。
正座したときに膝横が痛いのはアキレス腱・足首の外果周りの筋肉の張りが原因でした。
筋反応法で緩めたら痛みはなくなりました。

今度はしゃがみこんだ時立ち上がる時に膝が痛い為よろけたりする。
しゃがんだままの状態からすこしお尻を上げた状態でどこの筋肉が張っているか探りました。
膝蓋骨下周辺と足首内果横の筋肉が反応したので2点法で緩めました。
そしたら立ち上がるとき痛みは出ませんでした。

全ての症状は解決したので結局6回の施術で終了しました。

当院のHPへはこちらです。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recommend

脳からストレスを消す技術
脳からストレスを消す技術 (JUGEMレビュー »)
有田 秀穂
日頃から脳ストレスが酷い人は施術の効果が出にくいと感じていた、その答えがこの本にありました。

recommend

ハンドブック チャップマン反射
ハンドブック チャップマン反射 (JUGEMレビュー »)

私のブログに度々登場する、内臓に関する反射ポイントが書かれた本です。とにかくよく当たりますよ。

recommend

いのちの輝き―フルフォード博士が語る自然治癒力
いのちの輝き―フルフォード博士が語る自然治癒力 (JUGEMレビュー »)
ロバート・C. フルフォード,ジーン ストーン
私がオステオパシーに大変興味を持つきっかけとなった本です。この本のおかげで私の施術方法が変わりました。興味のある方は是非読んでみて下さい。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM