10分と座っていられない       50代女性

  • 2007.03.20 Tuesday
  • 16:48
半年前から腰がピリピリして痛みがあり仙骨の縦方向に痛みが走る。
それが最近では立っていても、座っていても骨盤右側が突きあがってくるように痛い。これがぎっくり腰なのかなあ。
この年まで寝込んだ事がないくらい丈夫だったので、ものすごいショック。
辛いときは毎日横になって過ごしていた。でも起き上がろうとして寝返りをした途端に右の腰に激痛が走る。
いろいろな人からぎっくり腰の事は聞いているが、実際自分がなってみると
本当に辛い。泣けてくる。
もうどうしたらいいのだろう・・・と半ばノイローゼ状態。
病院に行っても電気をあてて牽引するだけ・・・
右の骨盤が痛いのに両足を牽引するのが納得いかない。それに症状も良くなる気配がないので行くのをやめた。そしてインターネットで探して来院されました。

こられた時の状態はとにかく身体の右側の筋肉が硬直している状態でした。
前から見た時は右の胸が下がっている。
仰臥位のとき右足だけがバレリーナのような足先になっている。
これは、右足の裏の筋肉が引きつっている証拠です。
そして右利きにもかかわらず、左腕が異様に凝っている。

1回目の施術で仙骨の縦方向の痛みがなくなり骨盤右側の痛みは少し減ったようでした。
痛いのは痛いけど前の事を思うと楽だ、見通しが明るくなってきた。とにこにこ笑いながら帰られました。

週2回のペースで5回来られた所で家の中ではビクビクせずに普通に動けるようになった。肩も凄く楽になったととにかく表情が明るくなりました。

次は1週間後にしました。これくらいになると10分と座っていられなかったのが美容院に行けたわ。何ヶ月と行けてなかったから嬉しいとニコニコ。

6回来た後で日帰りのバス旅行に行かれたそうです。しかし最後のへんは前座席のてすりを持ちながらで大変だったそうです。もう少しですね。

次に8日あいだをあけて来院された時、すこし右骨盤に違和感がでたとのこと
・・・・うーん・・・すっきりしない原因は何処かな?・・・

以前の仕事がミシンでの縫製の仕事で一日中右足でモーター踏みしめて、左手で布をおくっていた。
この姿勢が原因でしょうね。

大腰筋と腸腰筋あたりに変な張りが残っていると思われますが、大腰筋は触りにくい筋肉なので側臥位でくの字に身体を曲げてもらって緩めてみました。
次は10日後です。どうなっているかな?

今度は腰に違和感は出なかったそうです。
右鼠頸部と右膝周りを緩めて一旦終了にしました。

身体はちゃんとケアしてあげないといけない事が身にしみて分かりました。
1・2ケ月ぐらいで様子見ながらまた来ます。と自分から言われました。

とにかく卒業おめでとうですね。

当院のHPへはこちらです。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recommend

脳からストレスを消す技術
脳からストレスを消す技術 (JUGEMレビュー »)
有田 秀穂
日頃から脳ストレスが酷い人は施術の効果が出にくいと感じていた、その答えがこの本にありました。

recommend

ハンドブック チャップマン反射
ハンドブック チャップマン反射 (JUGEMレビュー »)

私のブログに度々登場する、内臓に関する反射ポイントが書かれた本です。とにかくよく当たりますよ。

recommend

いのちの輝き―フルフォード博士が語る自然治癒力
いのちの輝き―フルフォード博士が語る自然治癒力 (JUGEMレビュー »)
ロバート・C. フルフォード,ジーン ストーン
私がオステオパシーに大変興味を持つきっかけとなった本です。この本のおかげで私の施術方法が変わりました。興味のある方は是非読んでみて下さい。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM