顎が痛くて口が開かない  30代女性

  • 2006.12.26 Tuesday
  • 12:04
顎が痛いというより右耳の前あたりが痛くて、会話はできるがあくびをしそうになると激痛が走る。
最初は歯科を受診したが、奥歯でガーゼを噛んで様子を診る。といわれる。
『えーそれだけ?』と不安になりインターネットで探して来院される。

正面から立ち姿を診たら、なんと首が右側によっている。あきらかに判るほどなのです。だって肩幅が全然違っていますから、誰が見ても判るほどです。ははぁーん原因はこの辺にありそうと感じました。

1回目  ・肋骨特に胸に近いところが横ズレしている・・・すこし修正するだけで首     の位置がまん中によってきた。
     ・一日中パソコンで特にマウスが多いよう・・・上腕の筋肉の張りが異常。
     ・大胸筋・胸鎖乳突筋がパンパンに張っている・・・緩める。

2回目  ・痛みがかなり減ってきたとの事
     ・頭痛がなくなった。

3回目  ・顎の違和感が残る程度で痛みはない・・・・施術後違和感はなくなる。
     ・首の位置もほぼ中央になってきた。

当初来院された時の口を開けると痛いといという症状は改善されましたが、以前から写真に写った時の自分の首が歪んでいることが気になっていたらしく、3回の施術である程度真直ぐになってきているのですが、この機会にきちんと治したいとの意向からもう少し通院されることになりました。
5回施術したところで首や顎の歪みが気にならなくなったという事で終了しました。

当院のHPへはここから
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recommend

脳からストレスを消す技術
脳からストレスを消す技術 (JUGEMレビュー »)
有田 秀穂
日頃から脳ストレスが酷い人は施術の効果が出にくいと感じていた、その答えがこの本にありました。

recommend

ハンドブック チャップマン反射
ハンドブック チャップマン反射 (JUGEMレビュー »)

私のブログに度々登場する、内臓に関する反射ポイントが書かれた本です。とにかくよく当たりますよ。

recommend

いのちの輝き―フルフォード博士が語る自然治癒力
いのちの輝き―フルフォード博士が語る自然治癒力 (JUGEMレビュー »)
ロバート・C. フルフォード,ジーン ストーン
私がオステオパシーに大変興味を持つきっかけとなった本です。この本のおかげで私の施術方法が変わりました。興味のある方は是非読んでみて下さい。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM