顎関節症で激痛       30代男性

  • 2007.10.31 Wednesday
  • 21:16
この方は口を大きく開けると顎が左斜めに大きく歪み『バキ!』と
3メートル離れているところからでも聞こえるほど大きな音がする。
そして激痛。

顎の違和感は2年くらい前から感じていたが痛くも無いのでそのまま
にしておいた。
半年くらい前から痛みがたまに出るようになる。
最近ではあくびをすると激痛で顎に手をあててうずくまるくらいに
痛いことが毎回になる。
話をしていると左顎が重くなり鈍痛が出始める。
食事をしていると顎に引っかかりを感じてだんだん食欲がなくなる。

切実な問題になりどこで治療を受けようか悩んだがまず歯科にいってみた。
レントゲンを撮りレーザーをあてられた
顎の関節がずれていてなんでレーザーなんだろうと不信に思い
整体を探すことにした。

3週間ほどいろいろなHPをさがし当院に来院されました。
それが今年の1月の初めです。

とにかく全身ロボットのように硬い!
痩せている方なのに施術すると重い!
筋肉が硬いと重く感じるのです。だからオデブちゃんでも
筋肉が柔らかいと比較的やりやすいものなのです。

そしてこの硬い筋肉はなかなか緩まない・・困り果て頚椎牽引枕を
購入していただき使っていただきました。
そしたら2週間くらいして筋肉の反応がよくなり緩み始めました。
頚椎の筋肉が緩み始めた為全身の筋肉に変化があったのでしょう。

なかなか顎の症状を緩和するにいたらず困まりはて
とにかく一つづつ筋肉を緩めていこうと考え足首の修正から
はじめ足の筋肉を緩め、次に腰・背部・肩・腕・大胸筋・頚椎
と順に筋肉を緩めていきました。

すると徐々に身体が柔らかくなりかすかに顎に変化が出てきました。
1月から治療をはじめ一旦5月の連休前に症状は改善したのですが
スパーカブ(バイク)で知多半島一周してきたら逆戻りでした。

そうしたら以前反応していた筋肉では顎の筋肉が反応しなくなって
ました。
そう原因が別のところからきてしまったのでした。
バイクがネックでした。長時間バイクの振動で坐骨から筋肉が
凝ってしまい、顎まで達していたのでした。

今度は坐骨から筋肉を反応させていく治療をしました。
とにかく長かったです。
結局30回施術したころ完全に顎の痛み・違和感・引っかかりは
無くなりました。
身体も柔らかくなり別人の筋肉のようです。これならぶり返すこと
はないだろうと感じました。
治療を2週間あけ・次は3週間あけてきましたがぶり返してません。
やっとご本人も安心されたようです。

この方の経過を振り返ってみると
顎の重みは坐骨から・・・
顎の引っかかりは大胸筋と肩関節の深部の筋肉・・・
あくびの時の痛みや音は脇の下の筋肉とこめかみの筋肉で反応し
解決にいたりました。

いや〜本当に良かった・・・しかし長かったです。
途中で私がくじけそうになったくらい。
どこかに突破口はあるはずと諦めずに取り組んでよかった。

ご本人も諦めずによく続けられたと感心してますし感謝してます。
よく私を信じてきていただいたと心から感謝です。

顎の歪みもなくなりイケメンになられたのでは・・・・?
額関節症を克服したぞ〜!  お〜! の気分です。

当院に興味のある方はこちら

顎ががくがくする   20代男性

  • 2007.01.22 Monday
  • 00:23
当初の症状は背中が痛いのと右足全体の鈍痛でつらいというものでした。 まずは体幹をまっすぐにして右鼠頚部の筋肉の緊張を取る事から始めました

1回目  ・脊椎の側湾修正
     ・右股関節から右膝まで何処を触ってもくすぐったい・・・これは筋肉が凝っている証拠で異常です。少しでも触ると腹筋しながら笑うのでさわれない。足首捻転で右股関節をねらって筋肉を緩める事にする。


2回目   ・一日中パソコンでマウスを使用しているとの事・・前腕が捩れている。筋肉もパンパンに張っている。今回は右足を触っても前回ほどくすぐったくない。

この方の場合、長時間パソコンでマウス操作している為前腕・上腕に筋肉の緊張が続いた為、腕の筋肉の緊張が背中や肋骨まで影響して脊椎が側湾して痛みがでているのでした。
筋肉が緩んでくる途中で顎ががくがくして無意識に力が入り奥歯をかみしめる癖が出来てました。
顎が『ガクン』とまではないにしても、たまに顎が痛い事はあったようです。とにかく背中・胸・上腕・前腕の筋肉を緩めることで背中の痛みや顎の痛みは改善できました。
4回を過ぎたころから右足の鈍痛はなくなりましたが、くすぐったいのはたまにあります。
6回施術で症状は改善しましたが、仕事で長時間マウス操作は免れない事なので定期的にメンテナンスを希望されましたので2週間に1回のペースでづづける予定です。


長時間マウス操作をする人は知らず知らずのうちに腕の筋肉が疲労しているものです。そしてその疲労は肋骨に達し肋骨を歪めてしまいます。
そうなると背中は痛いし息苦しくなるのです。
この状態を放置すると、首筋が痛いとか顎が開け辛く痛いという症状がでてきます。
もうこれは職業病です。長時間腕の筋肉を酷使する人は顎関節症という終着点がある事を覚悟するべきです。
近頃顎に力がはいってるな?と思ったら要注意ですよ。

当院のHPへはこちらです。

顎が痛くて口が開かない  30代女性

  • 2006.12.26 Tuesday
  • 12:04
顎が痛いというより右耳の前あたりが痛くて、会話はできるがあくびをしそうになると激痛が走る。
最初は歯科を受診したが、奥歯でガーゼを噛んで様子を診る。といわれる。
『えーそれだけ?』と不安になりインターネットで探して来院される。

正面から立ち姿を診たら、なんと首が右側によっている。あきらかに判るほどなのです。だって肩幅が全然違っていますから、誰が見ても判るほどです。ははぁーん原因はこの辺にありそうと感じました。

1回目  ・肋骨特に胸に近いところが横ズレしている・・・すこし修正するだけで首     の位置がまん中によってきた。
     ・一日中パソコンで特にマウスが多いよう・・・上腕の筋肉の張りが異常。
     ・大胸筋・胸鎖乳突筋がパンパンに張っている・・・緩める。

2回目  ・痛みがかなり減ってきたとの事
     ・頭痛がなくなった。

3回目  ・顎の違和感が残る程度で痛みはない・・・・施術後違和感はなくなる。
     ・首の位置もほぼ中央になってきた。

当初来院された時の口を開けると痛いといという症状は改善されましたが、以前から写真に写った時の自分の首が歪んでいることが気になっていたらしく、3回の施術である程度真直ぐになってきているのですが、この機会にきちんと治したいとの意向からもう少し通院されることになりました。
5回施術したところで首や顎の歪みが気にならなくなったという事で終了しました。

当院のHPへはここから

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recommend

脳からストレスを消す技術
脳からストレスを消す技術 (JUGEMレビュー »)
有田 秀穂
日頃から脳ストレスが酷い人は施術の効果が出にくいと感じていた、その答えがこの本にありました。

recommend

ハンドブック チャップマン反射
ハンドブック チャップマン反射 (JUGEMレビュー »)

私のブログに度々登場する、内臓に関する反射ポイントが書かれた本です。とにかくよく当たりますよ。

recommend

いのちの輝き―フルフォード博士が語る自然治癒力
いのちの輝き―フルフォード博士が語る自然治癒力 (JUGEMレビュー »)
ロバート・C. フルフォード,ジーン ストーン
私がオステオパシーに大変興味を持つきっかけとなった本です。この本のおかげで私の施術方法が変わりました。興味のある方は是非読んでみて下さい。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM