体のあちこちが痛くなる   10代男性

  • 2014.06.19 Thursday
  • 13:49
いつも同じ個所では無く、ある時は足首、ある時は膝だったり
またある時は股関節だったり、痛いところがあちこち移動する・・・という症状
病院にいっても原因不明で、痛みのある個所をレントゲンで検査するも異常なし。
こんな事を小学校3年の頃から繰り返し、中学になって部活で頑張りたくても痛みがあり
おもいっきり走れない・・・
ほかの子と同じように普通に走りたい・・・

こんな事の繰り返しなので病院にいってもしょうがないから、近くの整体にいってみるか・・
こんな感じで来院されました。

お話を聞いてみて、多分何らかの遅延型アレルギーがあるのに気が付かずに食べ続けているのかな・・
と考えながら施術していくと、肋骨付近のみぞおち部分が硬直していました。
腹部を触ってみると、同じく硬直しています。
試に、毎日の食生活を聞いてみましたら、毎日2〜3個の卵を食べ、週に4回以上小麦の食品を
食べている事がわかりました。

いくら、TVで卵は毎日食べてもいいと言っているとはいえ、
しょせん卵はアレルギー3大食品に入ってますから、アレルギーは出やすい食材ですよね。
痒くなったり、赤く腫れたりすれは直ぐ解るけど、軽い下痢や便秘、だるい、眠い、頭が重い
という症状だと気がつかない事がおおいです。

結局この方の場合、卵と小麦の物を排除して、腹部のリンパの流れを流し、硬直した足の筋肉等を
緩めてきたら、3回の施術で劇的に痛みが減りサッカーの試合に2試合連続出場しても痛みはでなくなり
今は部活が楽しくてしょうがないそうです。

先日2ケ月ぶりに来院されまして話をきいてたら、久しぶりにきしめんを食べたとの事。
そしたら、次の日に耐えがたい眠気におそわれ、その次の日に下痢をしてびっくりした。
それ以来体調が悪くて足首が痛くてあるくのも困難になったそうです。

やはり、腹部が硬直していたので腹部のリンパを流して、脚部の筋肉の硬直を緩めたら
足首の痛みなく歩く事ができました。

体の細胞の素になる食べ物はとても大事ですね。
その部分を無視して、湿布したり、薬飲んだり、注射したり・・・逆に薬害が怖いですよ。
不安を感じている方は当院の施術をうけてみてください。
施術しながら、どこが硬い・・・この原因と考えられるのは・・・
反射ポイントからひも解くと、どこどこの臓器のリンパの流れが良くないのでは・・・
では、どうしてリンパの流れが良くないのか・・・とひも解くように原因個所を
探していきます(^^)
お試しあれ・・・・



 

足の親指の裏が痛い     30代男性

  • 2007.12.14 Friday
  • 21:00
右足の親指裏側の付け根が痛くて歩くのが辛い。
整形外科で診てもらったら種子骨障害で放置すると疲労骨折
すると言われた。
それでどうするかと言うと靴用のインソールを造ると言われた。
とりあえずインソールの計測して造ってもらっているが
何とかならないものかとインラターネットで調べて当院を見つけ
来院されました。

まず全身の検査・・・・骨盤や脊椎は問題あるような歪みはない。
右足首は外旋し足根骨は外側に横づれしていました。
その為前脛骨筋が硬くなっていました。
 
足首を修正し足根骨の横づれを修正、前脛骨筋を緩めると
痛みは軽減しました。

結局足首がねじれた事で前脛骨筋が硬直してしまった。
そして筋肉の停止部である足の親指裏の筋肉を引っ張って
しまい親指の骨がねじれてしまって痛みがでているのでした。

この方は2回でほぼ軽減し後は立ったり座ったりする時の
癖を注意するようお話しておわりました。

当院に興味のある方はこちら

オスグッド     中3男子

  • 2007.11.11 Sunday
  • 09:08
痛くなって1ヶ月位でそんなに古くない
部活でサッカーをやっていて中3なので部活は終わった
でもマラソン大会があるから走りたい・・と来院されました。

最初近所の接骨院にいき、そこでオスグッドだろうと言われた。
次に親が長年通院している整体にいってみたが、半年くらいかかる
といわれ、それじゃマラソン大会に間に合わないので
インターネットを見ていたらどこかの掲示板に自然形体でよくなった
と書いてあったのを見て自分もここだと思った。

親に話したら自分でやるように言われたそうです。
予約の電話も中3の彼が電話してきました。
そして公共交通機関で40分かけてきました。
いままで自分で予約をとり自分で来院した子はいませんでした。
全員親が車で連れてきてました。


彼の場合左膝の下にとんがりがありそこが走った後に痛くなるという
症状でした。もちろん触ると痛いです。

原因は足の甲の骨の歪み・足根骨の歪みでした。
修正して脛骨周辺の筋肉を緩めたら痛みは無くなりマラソン大会にも
走れたそうですが、少し痛みが出てきたのでもう一度来院され
結局2回の施術で終了しました。
やっぱり身体の柔らかい子は治りが早いですね。
逆に身体の硬い子は4・5回かかるのは仕方がないですね。

当院のHPはこちら

正座ができない     60代女性

  • 2007.04.27 Friday
  • 13:36
2ヶ月ほど前にスポーツをしていて壁に激突して膝をぶってから、歩くのは痛くないが、床に膝をつくと激痛。
正座をしても右膝の外側がじい〜んと痛い。
左腕を大きく上げると肩甲骨の辺りに激痛がはしる。

この方はお年の割りにスポーツばりばりの方で、タスポニー・ソフトボール・ゴルフと元気はつらつで、今まであそこが痛いとかの経験がないので
今回壁に激突して以来膝の痛みが長引いて困っていた。
知人から薦められて来院されました。

左肩の痛みはゴルフの頑張りすぎで、親指の付け根が内側に入り込んでいる為手の平を大きく広げることが出来ない。

肩・腕の筋肉を内転筋と筋反応法で緩めながら手を平の筋肉もゆるめた。
3回施術した後左肩の痛みは出なくなり、手の平も広がり始めた。

右膝を内側に曲げると膝の外側に痛みが走る。おそ松君のいやみのポーズを創造してください。
これは脛骨が捩れていた為で、内旋させたら痛みは消えた。

膝を床につく事が出来ないのは物を取るときに不自由で、ついうっかり膝を着いたときに激痛で困る。
いすに座って膝を押さえても痛くないので、これはどこかに引っ張っている筋肉があるんだなと思い、筋反応法で探り足首の上部外側の筋肉と足の甲の筋肉が原因である事がわかり、緩めたら膝をついても痛みはでない。
『あれ?痛くないわ』

膝をついても痛くなくなったが、そのまま正座をすると膝の裏の奥が痛みがでる。きっちり正座してしまうと膝裏の奥に痛みは無くなるがかわりに膝横に痛みがでる。
筋反応法で探った結果、膝裏奥の痛みは足首・内果の筋肉が硬直しているのが原因でした。緩めたら痛みは出なくなりました。
正座したときに膝横が痛いのはアキレス腱・足首の外果周りの筋肉の張りが原因でした。
筋反応法で緩めたら痛みはなくなりました。

今度はしゃがみこんだ時立ち上がる時に膝が痛い為よろけたりする。
しゃがんだままの状態からすこしお尻を上げた状態でどこの筋肉が張っているか探りました。
膝蓋骨下周辺と足首内果横の筋肉が反応したので2点法で緩めました。
そしたら立ち上がるとき痛みは出ませんでした。

全ての症状は解決したので結局6回の施術で終了しました。

当院のHPへはこちらです。

オスグッド  中2男子

  • 2007.04.24 Tuesday
  • 22:21
痛みが出るようになったのは1年前くらいからで、日によって右膝が痛かったり左膝が痛かったり、時には両膝が痛かったりしていた。
整形外科や接骨院に通っていたが、症状は改善せず。
徐々に歩き方が飛び跳ねるような感じになってきた。
膝の痛みに耐えながら部活はがんばりたいし、でも膝は痛いしで精神的に落ち込んできてしまった。
そんな姿を見たお母さんが心配して、なんとかならないものかと来院されました。

たいがい膝の痛い当人はうつむきかげんで、しょんぼりしながらはいってくる。
『スポーツもっとがんばりたい?』と聞くと即答で『はい!』
なんとかしてあげなくちゃ・・・と思いながら施術を始める。

仰臥位で横になってもらい足を見てみた。
一見足の長さが違って見える。
じーっと診ていると右足の踵が内旋して歪んでいる。
踵骨を修正したら足の長さはそろった。
長さが違って見えた原因は踵だった。
『踵が痛いこと無かった?』と質問したら、やはり痛いことはあった。
彼の場合、右膝の痛みの原因は踵で、踵が歪んだまま運動を続けた為に外果の周辺の筋肉が硬直してしまい、ひ骨が下がってしまっていた。
その為膝関節で脛骨が内旋ぎみになっていた。

体幹の修正をした後足首周辺の筋肉をゆるめて、ひ骨を上げながら脛骨を外旋させた。
ひ骨付近の筋肉と内果周辺の筋肉が反応したので筋反応法で筋肉を緩めた。

左膝は、太もも裏の筋肉がつっているのが原因で筋肉を緩め、膝関節の歪みを修正した。

最後にたった状態で少しづつ膝をまげながら正座を試みました。
膝関節の微調整しながらまげてもらったら正座までできた。

『ベットの上でジャンプしてみて』と言うと、えーっという感じておそるおそる飛んでみた。
『あれ?痛くない』
『じゃあ、ベットから飛び降りてみて』
ためらいながら飛んだ。『痛くないです。』と笑顔がでた。

自己療法を指導し『さぼったら、ぶりかえすよ』とお話して1回で終了です。

当院のHPへはこちらです。

オスグッド病     中1男子

  • 2007.04.12 Thursday
  • 09:17
痛いなぁ〜とたまに感じるようになったのは約1年前位から
運動した後1〜2日膝が痛くて歩けなくなったのは2ヶ月ほど前から。
接骨院に通院していたが、そこでオスグッドじゃないかなと言われ運動制限を言い渡された。
小2から野球を頑張ってきて中学に入学して部活でがんばろうという時に
膝の痛みで運動出来ない・・・本人が一番ショックでしょう。

当院に来られた時は歩く事は出来たが膝をすこし曲げるともう痛い。
まず骨盤が歪んでいたので修正
ふくらはぎ、足首、太もも裏、内転筋、臀部すべてがパンパンに張っている。
とにかく下肢の筋肉を緩めました。
後は立位で膝関節の歪みを修正。
右膝は内転、左膝はひ骨を上げつつ脛骨を斜め上ぎみに内転させると痛み無く曲がりました。

その場で正座までできて終了でした。
本人がキョトンとしている。

自己療法を指導して終わりました。
1日10分の正座をするように話をすると、『正座してはいけないと思ってました』とお母さんから言われました。
1日最低10分の正座は必須です。一番いいのは1日1時間くらいがいいでしょう。
考えてみてください。正座すると臀部・大腿部・膝関節・足首の筋肉を伸ばしてくれるのです。かってにストレッチが出来るのですよ。

自己療法と正座を続けることによりぶり返すことはありませんよ。

当院のHPへはこちらです。

膝の裏の筋が痛い    50代男性

  • 2007.02.07 Wednesday
  • 12:58
歩いてる時膝の裏がつっぱって痛い事がある。
何の気なしに膝の裏を触った時『あっ痛い!』と思うことがある。

こういう場合はほとんどの方が臀部の筋肉に強い張りがあり、触られて初めて痛い事に気が付くのです。

普段はまったく気が付かず知らず知らずの内に臀部の筋肉が硬くなり、次に太ももの裏の筋肉が臀部の筋肉に引っ張られ硬くなり膝が痛くなったり、膝裏の筋が痛いという症状になるのです。

この方の場合、臀部・太もも裏・ふくらはぎ・前脛骨筋を緩めて痛みはなくなりました。

当院のHPへはこちらです。

膝から足の甲にかけて浮腫んで痛い  70代女性

  • 2007.01.31 Wednesday
  • 18:40
半年以上膝が痛くて毎日湿布を貼り続けてきたが一向に痛みは引かない。
それどころか痛みがひどくなり最近では膝から足の甲まで浮腫んで毎日の着替えに一苦労。
いまだ現役で仕事をしているので、階段の上り下りも痛みに耐えがんばっている。
そんな姿を心配したお孫さんから当院を知り配達の帰りに通院されるようになりました。

この方の場合、膝関節・足首の関節が歪んでいるのが原因でした。
膝は脛骨が外旋、足首も外旋。
それぞれ修正したら痛みはなくなり、浮腫みも引いていきました。
ストッキングをはくのが楽になった。
階段も楽に上れる。・・・と驚いてました。

重いものを持ちながら階段を踏み外したりして膝やら足首やら痛い事はよくあったけど、湿布してほっといたら痛くなくなったからいいと思っていたとの事。
痛くなくなったら治ってるというのは間違いですよ。
身体が勝手に痛みが出ないようにバランスを歪ませて対応しているだけですす。
その対応もずっとはもちませんよ。
この方は、せっかくだから他のところもお願いと続けていかれる予定です。

pert2
かなりひどい外反母趾があるため、足にあう靴がすぐにみつからないので
しばらく以前履いていた靴を仕事の時に履いていた。
2・3日したらまた痛みが出てきたとの事。
診てみたら足首の関節がまたねじれている。やはり古い靴を再度使用すると靴の中敷や踵のへりぐあいやらで、前の記憶に導かれ元にもどってしまうのです。

できるだけ早く靴を替えていただくようにお話しました。
運転時左臀部の痛みはなくなりました。
夜中のトイレ3回が1回にへり、『それだけでも身体はとても楽だ』とおっししゃってました。足首の痛みも以前の痛みに比べたら凄く楽で、湿布を買いだめしたのに使わなくなっちゃったわと笑ってました。

先日来院された時は、まだ靴は替わっていなかったので大丈夫かな?と思っていたら、足首の痛みと太もも裏からふくらはぎにかけて外側に痛みが出る事がある、痛くない時もあるとのことでした。

踵骨の歪みと足首を修正し膝関節の歪みと筋肉の緊張を緩めたら痛みはかなり減ったそうです。
帰りに靴を買っていくわと言ってました。

修正しては安定するように導きながらやっていこうと思います。
この状態でも毎日仕事をしているようで、頭がさがるおもいです。

当院のHPへはこちらです。

オスグッド 中一男子

  • 2006.12.26 Tuesday
  • 11:23
痛くなってから6ケ月程で今までは病院のリハビリに通院。この痛みは3年間続くから上手に付き合うようにといわれる。(ショックを受ける。)
部活はバスケット1年からレギュラーメンバーに選ばれたのだが、膝が痛くて辞退
自転車通学なので自転車をこぐのも痛い。歩くのは痛くないが膝を少し曲げたところで痛みが出る。

1回目  ・基幹の型で骨盤の修正
     ・左臀部全体に強い痛みあり・・・・・これが原因だろう
     ・右中臀筋に軽い痛み
     ・太もも裏とふくらはぎの筋肉を緩める。
一通り施術したところで、最初痛かったところが痛くない。思いっきりジャンプしてもらったが全然痛くない。  本人も『あれ?』という感じ

2回目  ・日常生活の中で痛みは無いが正座をすると少し膝に痛みがある。
施術後正座をしてもらったが、『あれ?痛くない』と不思議そう。
そのまま2〜3分間続けてもらったが全く痛み無い。
自己療法を指導して終了しました。

ps・・・腕を持ち上げた時、上腕がピクピクしたのでゲームのやりすぎには気を付けるように言いました。『ひどくなると顎関節が痛くなことがあるよ』とお話しましたら、弟が痛がっている。止めさせなきゃ!と笑ってました。
ゲームは前かがみになって上腕の筋肉を長時間使うので上腕の筋肉の張りが頚椎や胸鎖乳突筋にまで及ぶ事がありますから、ゲームはほどほどにね!  

当院のHPへはここから  

オスグッド 中1男子

  • 2006.12.13 Wednesday
  • 23:28
痛くなりだして9ケ月経過、外科・整形外科・接骨院を何軒が回ったが、一向に痛みが取れない。それどころかびっこひいて歩くようになっていた。
本人は走る事がとにかく好きで、また走れるようになりたいという強い願望から自分でインターネットで探し、両親に自然形体に行かせて欲しいと懇願したそうです。

症状は、両膝の内側と外側の痛み・両足土踏まず側面の骨の出っ張りと痛み。
一言でいえば痛い所だらけ。 『あっ!そこ痛い』『ここも痛い』の連発である。

1回目  ・骨盤右側が1センチ以上上がっているので修正。
     ・両足首のねじれ修正・・・足のすねが真直ぐになったと驚いている。
     ・右臀部に強い張りあり・・・梨状筋・中臀筋を緩める。
     ・土踏まずの側面の痛み・・・前頚骨筋・後頚骨筋・足底の筋肉を緩める。
     ・両太もも裏の筋肉を緩める。
     ・両膝の動作転位の修正・・・動くときに膝関節がねじれてしまう。

3回目  ・この頃になると、痛み無く歩けるようになる。
     日常生活なら問題ないが走りたいとの希望で、徐々に走ってもらう。

4回目以降は走りながら調整。9ケ月間痛いところをかばっていた為に変な癖があるので、いざ走ると膝ではなく違うところが痛くなってくる。
その都度筋肉を緩め、自己療法を指導。
結局9回の施術を要した。

最後にお母さんが『うちの子痩せました』と驚いてました。
そうなんです。全身のバランスが整い血流が正常になったことにより、脂肪燃焼が効率よくなったのでしょうね。・・・そういう事もあるのですよ。

当院のHPへはここから

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recommend

脳からストレスを消す技術
脳からストレスを消す技術 (JUGEMレビュー »)
有田 秀穂
日頃から脳ストレスが酷い人は施術の効果が出にくいと感じていた、その答えがこの本にありました。

recommend

ハンドブック チャップマン反射
ハンドブック チャップマン反射 (JUGEMレビュー »)

私のブログに度々登場する、内臓に関する反射ポイントが書かれた本です。とにかくよく当たりますよ。

recommend

いのちの輝き―フルフォード博士が語る自然治癒力
いのちの輝き―フルフォード博士が語る自然治癒力 (JUGEMレビュー »)
ロバート・C. フルフォード,ジーン ストーン
私がオステオパシーに大変興味を持つきっかけとなった本です。この本のおかげで私の施術方法が変わりました。興味のある方は是非読んでみて下さい。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM